CUI3 J international 八幡浜

0

    Jinternational八幡浜は地元開催で気合の入る大会!僕にとっては選手権より、他のJseriesより気持ちの入る重要な大会。

    去年は忙し過ぎて調整不足で不発、今年は勝負するぞ!って調整して入りました。

    近年、特に去年から今年の活動はサイクリングの事が前面に出てきてテレビやラジオの番組もサイクリングの内容が90%以上と言うサイクリングな人と言う感じに地元ではなっていましたが、しっかりレースも走るんですよ〜

    サイクリングって言うよりも、レーシングなんです僕(笑)

    って事で世界の「サイクリングの聖地はしまなみ海道」ですが、日本の「マウンテンバイクの聖地は八幡浜」で間違いは無いと思います!!!

    で、series2戦目でなんとか表彰台には上がる事が出来て、プロ選手としての活動の方もサイクリングの方も両立が出来るぞって年になりそうです。

    ※サイクリングばっかりやってるわけじゃないんですよ〜〜しっかりレースもやってるんですよ〜っと書いておく!!!※


    (photo JOKO)

    で、レースの方は最初スタート位置が本当に悩ましかった・・・・今回はUCIの管轄大会なのでUCIポイントでステージングされるんだけど、7番?8番コールで最前列は空いてるのが一番悪い路面の左端・・・・・コールされてラインに到着するまで頭フル回転したよ・・・・2列目の路面の良い場所にするのか?プロとして露出も考えて最前列で路面悪くても何とかするのか??

    でコールからラインまでの十数秒で後者に決定・・・

    これが原因でスタートして踏んだら路面にタイヤ埋まって進まずの撃沈・・・一瞬で10番前後まで落ちてしまって・・・


    (photo JOKO)
    で、1周目の九十九では何処かの選手が6〜7人前でダム化してる・・・・1人や2人なら何とか抜くんだけど流石に5人以上は九十九では抜けんって事で切り替えて休みまくって上りセクションへ!そこで前の選手が足を着く・・・更に他の選手も足を着く、着きまくってるので後ろから声掛けて一気に抜き去りジャンプUP。

    で2周目には若手の注目株とまたまた九十九でランデブー(笑)でもペース上がらんので、またTIMEロス・・・・でたまらず声を掛けて僕が前を引くから前を追うぞ!って事で前に出てシングルトラック終わったら単独になってて・・・で単独3位で1人旅。

    タイム差を聞きながら最終ラップに2位と20秒まで詰めたけど、その後・・・届かず3位でゴールでした。

    今回の八幡浜は悪天候にも関わらず、本当に多くの方々の応援があり八幡浜の運営関係の皆さんの熱意のある気持ちで雨の寒さなんて吹っ飛ばされ僕等も走りで答える事が出来たと思います!八幡浜に関係する皆さんに感謝するとともに、僕は成績で八幡浜はプロに!日本のトップに続く道だという事を示していきたいと思います。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM