レースレポートもUPしておく(笑)

0
     

    大会名    UCI3 J international 八幡浜

     

    フレーム:GIANT XTC ADVANCED SL 29er

    コンポ:SHIMANO XTR
    サス:SID WC  +120PSI 

    ブレーキ:SHIMANO XTR
    ハンドルバー:GIANT 650mm

    シートポスト:GIANT
    サドル:san marco CONCOR プロテック

    ホイール:GIANT carbonホイール
    タイヤ:HUTCHINSON TORO2.15 TLR 前後1.8気圧
    ペダル:SHIMANO XTR
    ケミカル:
    MORGAN BLUE
    マッサージオイル:SPORTSBALM イエロー2、(アフターグリーン1&3)

    シューズ:SHIMANO SH-M315E
    ウエア:waveoneレジェスクエア長袖ワンピース

    ヘルメット:KABUTO REDIMOS

    アイウエア:SWANS WARRIOR ライトピンク
    energy
     barBONK BREAKER
    ドリンク:MEDALIST アフターMEDALISTアミノダイレクト5500 美マニア
    energy gel Meitan CCC

     

    結果3位

    Jinternational八幡浜はUCI規格のレースで国内seriesでは唯一のUCIポイントが着くレースとなる事、地元戦である事で自分にとっては他のレースと比べて別格のレースとなる。

     

    このレースに合わせる為に色々とスケジューリングを行いトレーニングプランも構築して事前にpower tapを使って行ったpowerテストの数値も十分表彰台を狙えるレベルに達していた。

    他のレースと比べても地元と言う事で移動の疲労が極少で本当に勝負を掛けるには条件が揃うレースとなる。

     

    レース会場には金曜から入って軽めの運動を兼ねて試走を1周。

     

    スポーツアロマのスタッフを帯同しているので、夕方からアロマケアを受けて身体の疲労をしっかり取ってもらう。前日土曜は身体がダルくなるから強くはしないが、金曜と言う事で結構強めの刺激で筋肉にアプローチしてもらって回復に努めた。

     

    土曜の試走もユックリ起きて適当に会場入り、タイヤテストとバイクチェックを兼ねてコースを1周程度と軽い運動で身体をほぐして動きをチェック。

     

    レース当日が雨と言う事で、タイヤと使用バイクの判断がレースを左右するという事でチームでミーティングを行った。

    タイヤは雨が降らず路面ドライならblackマンバ前後、万が一雨が降った場合にでも降りだす時間でeliteクラスが始まる直前とか路面が痛んでいない場合は前後パイソン、朝から降りはじめて下位クラスが耕すようなら前後TOROと言う感じで決定。

     

    バイクは根っ子を意識してブレーキングでウォッシュボード化する路面を考えてアンセムにするのか?舗装勝負でハードテールにするのか?悩んだが、下りはテクニックでカバーして登坂軽いハードテールチョイスに決定。

     

    機材は万全!後は当日を待つばかり!と言う事でケアを受けて就寝。

     

    レース当日は時折激しく雨が降り、スタートから前半はパイソンでも走る事が出来るしアドバンテージを舗装路で稼ぐことは可能と判断したが、後半は逆に走行不能まで陥る事が予想出来たので迷うことなくTOROをチョイスした。

     

    今回のスタート召集はUCIポイント順となり7番コールだった。コールを受けてスタートラインに並ぶ時・・・・ライン中央は下位のクラスが走ってある程度柔らかい土が退いて走り易状況になっているが逆に左端は最低、右端はかろうじて走れるという感じに見えた・・・7番コールと言う事で最前列は左側しか空いておらず、召集エリアからラインに並ぶ数十メートルで2列目と走り難い左端のどちらに並ぶかフル回転で考えた。

     

    結果、やはりプロとして地元として左の路面が悪いリスク背負ってでもプロらしく最前列を選らんだ。

    ほどなくしてスタートの号砲と共に・・・・飛びだせない・・・思いっきり踏むと砂浜と同じように路面にタイヤが埋まる、綺麗に回さないと進まないが加速が出来ない状況で一気に後方へ追いやられた。

     

    直ぐにくる舗装路で何とかポジションアップを試みるも集団のペースは上がっていて思うように前に出れないが危険な感じの選手を一人パスして最初にシングルトラックには10番前後で入る事になった。

     

    スタートミスをこのシングルトラックで激しく悔やむ事になる・・・それは5人程前の選手が詰まりに詰まって大渋滞を起こしてしまい、先頭集団は遥かかなたに消えていくが5人を一気に抜き去る事は出来ずズルズルとレースは進んでいく。

     

    数分の我慢から路面の悪い激登りで前走者が数名足を着いた瞬間に声を掛けて一気に5人の集団を抜き去り単独で前を追った。

     

    上りでも下りでも攻めて走ると、簡易舗装の上りで4位の選手をパスし単独4位で更にペースを上げて高いスピードを維持した。

     

    2周目の九十九セクションに入ると、3位の選手に追い付く事が出来たがここでも詰まる・・・・抜く事の出来ないセクションでブロックされている感んじにペースが遅くまた先頭との差が開いてしまった。

     

    流石にこのままでは駄目だと判断して前の選手に、このままだったら遅れて取り返しがつかないしペースが遅いので前を譲るように変えを掛けた。自分が前に出る事で二人のペースがあがり先頭を追えればと思い前に出てハイペースで泥の下りを下った。

     

    タイヤチョイスはバッチリで泥の中でもコギが軽くコーナーでも必要十分なグリップを確保して安心感からペースが上がり直ぐに単独3位で前を追う事になった。

     

    そのまま3周目、4周目とTIME差は1分半程度で硬直。

     

    何とか2位の選手に追い付きたいとペースを上げてラスト5周目に1分程のTIME差を埋める事が成功して最後の桜坂の上りで2位と20秒差まで追いつめた。

     

    行けると判断して勝負を得意の簡易舗装まで待つ作戦に出て、その前の下りで追い付く作戦が仇となった・・・・・走りなれたコースにブレーキングが甘くなり1本外れたラインから木の根っこにのっかりコースアウト・・・・この時点で2位が遠のいた。

     

    簡易舗装に出てパワーを掛けて踏んでみても、追い付かず、3位でのゴールとなった。

     

    地元戦として最低限の表彰台は獲得して次に繋げるレースが出来たとは思うが、出来たら勝ちたかったこの悔しさは次のレースにぶつようと思う。

     

    今シーズンは今までになく調子が良いのでドンドン表彰台に絡む走りをしたいと思う。

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM